メンタルと考え方

【ダイエット】やる気が出ない原因とやる気スイッチの入れ方【運動・家トレ編】

こんにちは!松本市パーソナルトレーニング Re Plusの中沢です^^

  • 運動しなくてはと思っているけどやる気が出ない
  • いつもグダグダしてしまって罪悪感・・・

こんなお悩みはありませんか?

先日、お客様からこんな相談をいただきました。

「パーソナルトレーニングではやる気になるのけど、自宅だと”やらなきゃ”と思いながらも1日が終わってしまう。やる気が出る方法を教えて欲しい」

30代・パーソナルトレーニング月2回(各週)

↑のお客様には、姿勢改善とボディメイクのために、1ヶ月に2回のパーソナルトレーニングと自宅トレーニングメニューのアドバイスをさせていただいています。

「日常生活ではデスクワークや家事・育児がほとんど」という方がダイエットをするためには、少しずつのウォーキングや自宅トレーニングが重要。
でも家の中だと、疲れていたり誘惑が多かったりでなかなかやる気になれませんよね。

今日は、やる気が出ない原因と、やる気スイッチの入れ方について書いていきます。

やる気が出ない原因

「やる気が出ない」は生きるために備わった習性

「突然やる気がMAXに切り替わって、美しく健康になれればいいのに」
これは、あなただけではなく誰もが思うことだと思います。
自宅トレーニングやウォーキングなど、今までやっていなかったことに対してやる気が出ない原因は脳科学的にも、生きるために備わった習性なんだと言われています。

やる気が出ないのは人間である以上仕方がありません。
毎日やる気満々に見える人にも、人間である以上ほぼ全員にこの習性は備わっていると思います。

はじめられないのは「最適な環境+最強のモチベ」を待っているから

「やる気が出なくてはじめられない」という人の多くは、最適な環境+燃え上がるモチベが揃うのを待っているという印象があります。

例えば↓のような感じです。

「パッチリと目が覚めて、この後の予定は何もない。目の前に偶然トレーニングウエアが準備されていて天気も快晴!やる気満々!」

普段お仕事や家事など頑張っているあなたには、こんな好条件が揃うことはほとんどないのではないでしょうか?

こんな条件を待っていると、あらゆるタスクに追われダイエットや運動は二の次三の次、1年や2年、10年なんてあっという間に過ぎて行ってしまいます(泣)

1番最初に重要なのは、「やる気がでないのはあたりまえ」ということを理解することだと思っています。

やる気は雪だるま式に大きくしていこう!

やる気・モチベーションは、はじめる<続ける<結果が出る<褒められる の用な感じで雪だるま式に大きくなっていきます。

最初は自分を褒める!

褒められることで脳の報酬系という部分が活性化して、「これは自分が好きなことなんだ!」と判断するそうです。

なので、”好きだからやる→褒められる”ではなく”褒められる→好きになる”という順番でモチベーションは大きくなっていきます。
しかし続けて結果が出ないと、なかなか周りの人には気づいてもらえませんよね。

まずは、はじめられた自分を褒めましょう^^

やる気スイッチを入れる方法

やる気スイッチを入れるためにはまずはじめることが大切です。
しかし、どんなに小さなことでも切り替えて億劫な運動をはじめるのは難しいと感じるのではないでしょうか?

まずはおすすめの切り替えるほう法=やる気スイッチを入れる方法を紹介します^^

①タイミングを決める

1つ目は「いつやるのか」を決めることです。

  • 朝起きて歯を磨いたら、朝食を食べる前に
  • 午後お昼ご飯を食べたら、横になる前に
  • お仕事から帰ってきてご飯を食べたら、ソファで横になる前に

など、タイミングを決めてみましょう。

「〇〇したら□□する」というテンプレを人は記憶しやすく習慣付けがしやすいと言われています。

②環境を整える

2つ目は、すぐにとりかかれる環境をつくることです。
例えば腹筋運動をする場合、いざはじめよう!というときに床に物があってできなかったりすると「今日はいいや」後回しにしてしまいそうではませんか?

  1. 掃除をする
  2. スペースを確保する
  3. ヨガマットをAmazonでポチる
  4. スペースに敷いておく

というように、環境を整えておきましょう。

脳の「やりたくない」を感じさせるのは大脳辺縁系という野生の部分。この部分の働きを理性が抑え込むのには5〜6秒かかるそうです。
まずは5〜6秒ではじめられる環境作りをしていきましょう^^

③やる気レベル0でもできるメニューを用意する

3つ目は、やる気レベル別の運動メニューを作っておくということです。
例えば

  • レベル0:寝たままストレッチ
  • レベル1:起きて行うストレッチ
  • レベル2:筋トレ
  • レベル3:ウォーキング

というように、「今日は何もやりたくない」という気分のときでもできるメニューから用意しておきましょう。

体が動き出せば徐々にエンジンがかかってきてレベル0からレベル1に上がるかもしれませんし、自信がつくきっかけになります!

結果につなげるためには振り返りを

ダイエットやボディメイクが目的の場合は特に、結果が出ていないとモチベーションは下がってしまいますよね。

頑張りを結果につなげるためには、1ヶ月スパン程度で定期的な振り返りをしてみましょう。

振り返る内容としては、

  • 今取り組んでいること
  • どのくらいの頻度でできているか
  • 体重の変化
  • ウエストの変化
  • ボディラインの変化(写真を撮る)

などです。

記録を観察し、必要であればやることも変えてみましょう!
もしかしたら、目的とやっていることの方向性が間違っているかもしれません。

例えば、お腹の脂肪を落とすために腹筋運動を頑張っても効果は出づらいですし、食事面の改善が必要な場合もあります。

必要な場合はパーソナルトレーナーに相談を

なりたい姿に近づくようなトレーニングや食習慣が出来ているかどうか、なかなか自分自身で判断が難しいこともあるかもしれません。
そのときは専門家パーソナルトレーナーに相談してみましょう。

Re Plusでは、お客様の理想の姿をカウンセリングした上で、運動内容や食事・生活習慣の提案を行っております。ご興味のある方はぜひ一度、体験にいらしてみてください^^

ABOUT ME
アバター
中沢聖二
パーソナルトレーニングスタジオRePlus。金沢学院大学スポーツビジネス学科卒業後、フィットネスクラブに就職。フィットネスクラブでパーソナルトレーナーとして活動。 NSCA認定パーソナルトレーナー / JCCAベーシックインストラクター 脂肪燃焼メカニズム・機能解剖などの科学的根拠と自身のボディメイクコンテスト出場・ボクシングでのカラダ作りのノウハウも合わせ、ひとりひとりの姿勢と動きに合わせた姿勢改善指導・美しく引き締めるためのダイエット指導で『くびれがはじめてできた』『履けなかったパンツがすんなり履けるようになった』など、多くの喜びのお声をいただく。